プロの運転手に求められるスキルや経験とは?

プロの運転手に求められるスキルや経験とは?

専属運転手は社会経験やしっかりとしたマナーが不可欠

プロの運転手として民間企業で働くためには、運転技術を磨いたり、交通ルールを日ごろから守るのはもちろんのこと、高い職業倫理を身につけることがとても大切です。特に、国内を代表する大手企業に専属運転手として就職したい人は、社会経験を積んだり、会長や社長、取引先など様々な立場の人に失礼がないようマナーを習得したりすることが肝心です。専属運転手の育成に力を入れている企業の中には、免許を取得して間もない若手の社員の研修を強化したり、上司や先輩がフォローを行ったりしているところも目立ちます。そうした中、自分に合う会社を見つけるうえで、早いうちから各社の専属運転手の採用状況や、求人募集の有無について調べておきましょう。

派遣の運転手は経験が少ない人でも勤務できることも

官公庁や一般企業、タクシー会社など様々な場所で働く派遣の運転手は、正社員とは違って業務経験がない人でも勤務しやすいといった特徴があります。運転手のなり手が不足している地域においては、派遣の運転手を増員したり、従来よりも待遇を良くしたりする企業も少なくありません。また、派遣の運転手の勤務時間は日中が基本となり、早朝や夜間の業務が少ないため、定年退職をした人や子育てをしている人も働きやすいというメリットもあります。その他、派遣の運転手としてある程度のキャリアを積んでから正社員になりたい人は、正社員登用の制度があるところや、日々の業務の中で有意義な経験ができるところを勤務先に決めることがおすすめです。

運転手の派遣とはドライバー自身が派遣会社の社員であり、車両を問わずに運転を業務とする仕事のことをいいます。