スキルアップしたい!就職に役立てたい!秘書の資格とは?

スキルアップしたい!就職に役立てたい!秘書の資格とは?

秘書になるには資格が必要?

秘書になるには特別な資格はいりません。ただし、資格を持っていないより持っている方が有利になるのも事実です。また、すでに秘書として働いているけれどスキルアップしたいという方もいるでしょう。それでは秘書として働くためにはどのような資格を持っていると良いのでしょうか。

メジャーな資格なら秘書検定

公益財団法人実務技能検定協会「秘書検定」が最も有名な資格です。ビジネス系資格として聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。主にビジネスマナーや敬語などオフィスで働く基本的な事項についての知識を身につけられます。3級と2級はCBTで受けられます。CBTとは受験者が都合のいい時間に都合のいい会場で受験できる制度のことです。時間や場所に縛られないので、資格が欲しいと思えば勉強して、すぐに受験できるのが嬉しいですね。

秘書としてスキルアップしたいなら国際秘書検定

一般社団法人日本秘書協会「国際秘書検定」は秘書としての応用力をつけたり、国際的に働けたりするレベルを目指します。グローバルに働けることを目標とするため、難易度は高いですが、取得していればレベルの高い人材として重宝されるでしょう。英語と日本語のマナーを身につけていることが証明されているので、経営層への秘書になるためのチャンスも広がります。準CBS資格とCBS資格の二種類があり、準CBS資格は受験資格不問、CBS資格は準CBS資格に合格していることが受験の条件になります。受験者は30代から40代が多く、受験の目的は秘書としての実力向上が多いようです。

秘書の派遣は、仕事とプライベートのメリハリをつけやすく、能力次第では正社員秘書になる機会もあります。