トラックドライバーとして働くメリットとは?気になるデメリットとその対策とは

トラックドライバーとして働くメリットとは?気になるデメリットとその対策とは

労働者の目的に合わせて働き方が選べる

労働時間や仕事先を自分の好みに合わせて選べる事がトラックドライバーの仕事の利点です。体力や年齢にあまり自信がない方でも、短時間の勤務でOKな求人であれば採用してもらえる可能性が高いです。近距離の運送ドライバーであれば、むしろ体力よりも地元の土地勘や狭い路地でも安全に走行できるドライビングテクニックなどが評価されます。反対に高報酬を短期間で得たい方々は、長距離運転のトラックドライバーの求人に応募するのがベストです。東京都内から大阪府、もしくは福岡県や岡山県など都道府県を超える長時間の配送業務となりますが、ハードワークに見合う圧倒的な年収が得られます。

自分の頑張りが成果に反映されやすい

同年代の会社員やOLの方々に比べて、高報酬を得られるのも魅力的な特徴です。また会社員という雇用形態でありながら、本人のやる気次第で昇進や昇給が狙えます。実力主義の社会であり、年齢や性別や学歴にかかわらず、自分のスキルと成果のみで勝負出来ますので、ハングリー精神が強い若者に嬉しい職場環境ともいえます。

トラックドライバーのデメリットとは

トラックドライバーのデメリットとして挙げられるのが、やはり心身を酷使するハードワークである点です。長時間走行するトラックドライバーだと、腰痛や肩こり、慢性的なストレスに悩まされやすいのが難点です。ただ、一般的な会社員とは違い、比較的自由に休暇を取得できます。心身ともに疲労困憊してきた時は、長期休暇を取る事で精神的にも肉体的にもリフレッシュする事が出来ます。

大阪のドライバーの求人情報は、スマホやパソコンで探せます。大阪市内では近距離から中距離移動のトラックドライバーの需要があり、湾岸部では長距離運転のドライバーの求人募集が盛んです。